たべもののきおく

たべもののきおく

『郎郎郎』リニューアルでコスト削減?辛味の付与も劣化は隠せず

東京西部と相模原市でチェーン展開するラーメン店『郎郎郎(さぶろう)』は、もやし大盛りで二郎系のような見た目。ガッツリ食べたい人向けのお店だが、最近のリニューアルで蒙古タンメン中本もどきの旨辛麺も加わるなど大きな変化があった。
たべもののきおく

『きじとら』相模原で二郎系のデカ盛りラーメン食べるならここ!

相模原にある二郎系ラーメンきじとらは、塩味の二郎系という珍しいポジションを築いている。スープまで飲める優しい二郎系とは…?
たべもののきおく

濃厚煮干しが香る相模原「ラーメン六郷」の煮干し豚骨ラーメン

今回お邪魔した「ラーメン六郷」さんは、煮干し豚骨ラーメン専門店を標榜し、1杯のラーメンに煮干し65グラムを使用しているのだとか。 煮干しだけで出汁を取った煮干し100%ラーメンに至っては130グラムの煮干しが使われています。 これだけ大量の煮干しを使ってしまうと、煮干し特有の「えぐみ」が前面に出てきてしまい、かなり人を選ぶ味になるのではとも心配されます。 果たして実際はどうなのか。実食です。
たべもののきおく

相模原名物『カレーの店マボロシ』のチキンカレーを食べてきた

美味しいカレーを求めて相模原で評判の『カレーの店マボロシ』を訪ねました。鶏肉がゴロゴロ入ったチキンカレーのボリュームに驚き、味だけではなくサラダやチャイのサービスにも大満足。