Amazonプライム・ビデオで『撲殺天使ドクロちゃん』が見られるよ!ドクロちゃん!

撲殺天使ドクロちゃん2(セカンド) 第1巻 Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライムの会員なら年会費3900円で見放題のAmazonプライム・ビデオは、プライム会員獲得の目玉として次々に新作や旧作、オリジナルコンテンツが拡充され、競合のNetflixと共に月額制動画配信サービスを牽引する存在です。

最近ではdocomoのdアニメストアとも連携を始め、日本で人気が高いアニメコンテンツを充実させようとしています。日本のアニメに出資してるNetflixへの対抗策でしょうか。

アニメ視聴者の取り込みを狙うAmazonは次々に新タイトルをラインナップに加えていますが、そんななかで9月も6タイトルが追加されました。

AngelBeats!
OcculticNine
プラスティック・メモリーズ
撲殺天使ドクロちゃん シリーズ
神無月の巫女
TARITARI

まさか平成の終わりに『撲殺天使ドクロちゃん』をAmazonが配信するとは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電撃文庫の飛び道具『撲殺天使ドクロちゃん』

古い作品なので初めて見る人も多いでしょうから、ここで『撲殺天使ドクロちゃん』について簡単に解説します。

もともとは電撃文庫が出していた小説誌「電撃hp」の短編小説賞に応募された作品です。この「電撃hp」は少し変わってて、隔月の定期刊行というスタイルを取りながら、実際の流通形態は雑誌ではなく書籍扱いでした。2007年に終了して雑誌「電撃文庫MAGAZINE」に移行します。

「電撃hp」は誌上に掲載する短編小説やショートショートを一般公募しており、そこからデビューした作家や、あるいは電撃小説大賞で受賞はしなかったけど「電撃hp」への掲載を経てデビューした作家もいます。

このパターンで有名なのは『キノの旅』の時雨沢恵一ですね。

『撲殺天使ドクロちゃん』は第2回電撃hp短編小説賞で2次選考を通過して、2002年に『電撃hp』に掲載されたのが初出です。作者のおかゆまさきは、1次落ちか受賞かのギャンブルと意気込んで送ったものの、実際は無難なところに落ち着いたと当時のインタビューで語っていたと記憶しています。

あらすじだよ!ドクロちゃん!

物語は未来からやってきた天使・どくろちゃんが、草壁桜くんの部屋に住み着いてしまうところから始まります。

桜くんの机の引き出しがなぜか未来に繋がっていて、そこから飛び出してくる天使。青い猫型ロボットもビックリの出会いですが、どくろちゃんはなぜか桜くんにまとわりつき、事あるごとに彼を撲殺します。

タイトルの『撲殺天使』とは比喩でもなんでもなく、ドクロちゃんは未来から持ってきた撲殺バット エスカリボルグで、割とカジュアルに桜くんを撲殺します。毎話1回は血しぶきと肉片が飛び散りますが、そこは天使の不思議パワーを持つドクロちゃんですから、かわいくエスカリボルグを振り回しながら「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」と唱えることで物言わぬ肉塊となった桜くんは一瞬で復活します。

ツッコミが激しすぎるよ!ドクロちゃん!

そんなアホ天使との日常に文句を言いながらも、なんやかんや楽しんでいた桜くんですが、そもそもドクロちゃんが未来からやってきたのはなぜでしょう?

それを知るもうひとりの天使・サバトちゃんが現れたとき、すべての謎は明かされます。

かわいく歌っても騙されないよ!ドクロちゃん!

『撲殺天使ドクロちゃん』の監督を務めたのは水島努です。水島監督は『侵略!イカ娘』で支持層を拡大し、戦車×美少女という異色の組み合わせが話題を呼んだ『ガールズ&パンツァー』でヒットメーカーと目されるようになりましたが、もともとは『クレヨンしんちゃん』『ジャングルはいつもハレのちグゥ』『大魔法峠』といったギャグ作品で一部に熱狂的なファンがいた人です。

水島監督は自作品のOPで作詞作曲を務めることもあります。『撲殺天使ドクロちゃん』でもOPの作詞作曲を務め、ドクロちゃん役の千葉紗子に歌わせてますがドクロちゃんの世界観を表した歌詞に、調子っぱずれな歌声が合わさった一度聴くと忘れられない曲です。

撲殺天使 血しぶきドクドク ドクロちゃん
撲殺天使 心臓ドクドク ドクロちゃん
撃って 燃やして 甚振(いたぶ)って
埋めて せがんで 辱(はずかし)めて
でもそれってボクの「愛」なの
http://www.kasi-time.com/item-2319.html

水島監督が作詞した曲では、かわいらしく踊る魔法少女の背後で金閣寺が燃えている映像も話題になった『大魔法峠』のOPや『ケメコデラックス』関連も、インパクトが強く記憶に残ります。

ヲタ婚

規制がゆるゆるだよ!ドクロちゃん!

近年はアニメの流血表現も規制が厳しくて、なかなか血が出せなかったり黒く塗りつぶしたりするんですが、この『撲殺天使ドクロちゃん』はOVAだったためか少し規制がゆるいです。

桜くんの頭部がゴソッと吹き飛ばされて噴水みたいに血が飛び出たり、飛び散った肉片がそこらに落ちたり。

ギャグ作画だからっていうのもあるかもしれませんが、いまではちょっとできないかもしれませんね。

月額400円で見放題!dアニメストア!

みんな見ようよ!ドクロちゃん!

『撲殺天使ドクロちゃん』には、ドクロちゃん以外にもクセの強いキャラクターが登場します。ドクロちゃんと連携して何やら画策するモヒカンヘアーの天使ザンス、ドクロちゃんの妹で実年齢9歳なのに見た目年齢19歳にしか見えないザクロちゃん。

そして、ある使命を帯びて未来からやってきたものの、失敗して帰れなくなったサバトちゃん。

住所不定無職でダンボールハウス暮らしのサバトちゃんが不憫で。原作では本編の合間にサバトちゃんの日常が挿まれていました。

演じるのは釘宮理恵。2006年から始まった『銀魂』では、ゲロインの神楽を演じることになりますが、その1年前に『撲殺天使ドクロちゃん』でゲリインを演じています。

サバトちゃん

初登場は美少女だったのに僅か数分で……。

サバトちゃん(同一人物)

頭の上に浮いてる天使の輪(日本刀の切れ味)を外されると、天使はひどい下痢ピーになってしまうのです。

Amazonプライム・ビデオ入りを機に10年ぶりくらいに見ましたが、このテンポ感やギャグの畳み掛け好きでしたね。

まだ見てない人はプライム会員なら無料で見られるので、この癖になる電波具合を味わってみませんか。

コメント