『きじとら』相模原で二郎系のデカ盛りラーメン食べるならここ!

相模原ラーメンきじとら たべもののきおく

ラーメンと一口に言ってもいろいろあるが、おそらく興味ない人にはとことん興味なく、醤油と味噌と塩と豚骨くらいしか認識されてない話題だ。

メタルミュージックがジャンル細分化され過ぎて、自分のようなライトなリスナーはジャンル分けについていけなくなったように、ラーメンの「○○系」も何が違うか分からない人が多いだろう。

二郎系というのは、ラーメン二郎という店の特徴を踏襲しつつ、それぞれの特色を出したラーメンと思ってもらっていい。

このラーメン二郎については、軽くネットで検索していただくと「豚の餌」「スタバと二郎は注文に特殊な呪文が必要」「二郎はラーメンではなく二郎という食べ物」など、様々な声が出てくる。

その特徴を端的にまとめると、醤油ベースのスープに太麺、これでもかと盛られたもやしとキャベツの山、スープまで完飲すれば確実に寿命が縮む脂と塩分のマリアージュだ。

ラーメン二郎八王子野猿街道
ラーメン二郎八王子野猿街道

二郎は店舗ごとに店主の個性が自由に発揮されるスタイルを取っており、この写真を撮った八王子野猿店は、爆盛りで有名な二郎のなかでも特に盛りが大きいことで知られる。

ラーメン小ニンニクでこれ。

ほとんど野菜だからゼロカロリーみたいなもんだよ。

相模原で二郎インスパイアならきじとら

二郎に関しては別にエントリーを立てるとして、ここでは「こういうスタイルを踏襲したラーメン店が、業界では二郎系(あるいは二郎インスパイア系)と呼ばれる」と覚えておいてもらいたい。

二郎系を名乗る、あるいはラーメンファンに二郎系と呼ばれる店は多く、野菜ドカ盛りの基本を守りながら個性的なラーメンを食べさせる。

ラーメン激戦区と呼ばれる相模原にも二郎系の店はある(相模大野に二郎あるしね)。そのなかから今回取り上げたいのは、JR横浜線矢部駅の近くにある『きじとら』だ。

JR横浜線の矢部駅で降りて北口を右手側に進む。駅前ロータリーから見えるセブンイレブンが目印だ。そこを道なりに歩いて行くと左手にある。

この店は塩ラーメンがデフォルト。醤油が多い二郎系にしては珍しい組み合わせ。追加料金を払うことで味噌や酸辣湯麺も食べられるが、まずは基本となる塩ラーメンを紹介したい。

食券機で塩ラーメン(600円)の食券と野菜マシマシ(100円)の食券を購入する。きじとらは追加料金なしで麺の量が小から大まで選べる。もちろん大の400グラムで注文した。

待つこと10分。カウンターに置かれたラーメンがこちら。

ラーメンきじとら
これ本当に採算取れてるの…?

毎回ここ行く度に思うんだけど、この盛りでボリュームを維持したまま店やってけるの? 大丈夫? 100円くらい値上げしても文句言わないよ!

相模原では橋本の『郎郎郎(さぶろう)』が、昨冬の野菜価格高騰を理由に野菜の量減らしたあと、一向に野菜の量が戻らないので余計にきじとらを心配してしまう。

橋本 ラーメン郎郎郎
油そば大 野菜マシ これでも十分すごいけど…

なので最近は郎郎郎に行っても、ラーメンではなく油そばを頼む。油そばのほうが麺量多くてボリュームあるので。写真は油そば大を野菜マシ。これでも何が不満なのかと思われるかも知れないが、本当に狂気の盛りしてたときを知ってると、野菜マシではなく多めの量だなと感じてしまう。

全盛期の油そば野菜マシは、イキった大学生が着丼したのを見て、何度も「これ? えっ? これ、野菜が別の丼?」と驚いてたので。

 スープまで飲める優しい二郎系

きじとらに話を戻そう。麺は自家製の太打ち麺でイメージとしてきしめんのよう。

f:id:mogitaru:20180926011610j:plain

券売機で細麺も選べるが自分は太麺一択。たまに太麺の中に細い切れ端のような麺が入ってるのは自家製ならではなか。

スープは先にも述べたとおり塩がベース。

f:id:mogitaru:20180926011734j:plain

どうだろう。この透き通った感じは。二郎系は塩味が濃くてスープまで飲み干せない店多いが、きじとらはスープまで飲める。

f:id:mogitaru:20180926013122j:plain

その一方で塩味は優しすぎてインパクトに欠ける、もっとガツンと行きたい人の需要もあると思う。そういう人は100円プラスになるけど味噌味とかを頼めばいいし、塩味でも卓上にある調味料で味が変えられる。

f:id:mogitaru:20180926013437j:plain

f:id:mogitaru:20180926013453j:plain

醤油だれはたくさん入れると醤油ラーメンになる(当たり前)。

上に乗ってる野菜にも味付けのため醤油だれがかかってくるんだけど、野菜マシマシで頼むと、たまに野菜全体に行き渡らせるためか醤油の量が多くなって、デフォルトで「今日は醤油風味が強いな」と感じるときある。

塩ラーメン以外の味は?

今回は店の基本である塩ラーメンを中心に紹介してきました。私はラーメンデータベースの店舗紹介を見るまで知らなかったけど、元々は小岩にある塩ラーメン専門店が移転してきたらしい。

らーめん きじとら – 矢部 | ラーメンデータベース

ということなので、やはり塩ラーメンが店の基本であり、アイデンティティであることは間違いないのだが、二郎系を取り入れる過程で大盛り野菜に負けないインパクトを出すためバリエーション増やしたということなのだろうか。

これまで私が食べたことあるのは味噌ラーメン。

f:id:mogitaru:20180926014854j:plain

f:id:mogitaru:20180926014911j:plain

塩にインパクト不足を感じた人でも、これならいけるだろうと思う味。私は出身が東北で、子供のころからラーメンは味噌派だった。それなので二郎系で味噌が食べられて、このボリュームと味はかなりお得感ある。

f:id:mogitaru:20180926015118j:plain

味噌ラーメンを頼むと特製ラー油がついてくる。ザクザクに切られた具が入ってる食べラー系で、入れることによって風味が変わるので味変アイテムにもなるし、最初から入れても楽しめる。

入れたあとはスープにコクが出て、やはりラーメンの印象を大きく左右するのは油だなと思わせくてくれた。

f:id:mogitaru:20180926015522j:plain

いつ撮ったかど忘れしてしまったが、確かメニューは汁なし担々麺だったはず。ピリ辛風味で食欲増進。

注文方法

ラーメン二郎はニンニク野菜マシマシアブラカラメのような、文化圏外の人間には呪文としか思えないコールと呼ばれる注文方法があるが、きじとらにコールはない。

食券を買って席に着くと麺の量を聞かれる。

小盛り 120グラム

並盛り 200グラム

中盛り 300グラム

大盛り 400グラム

つけ麺メニューは各100グラム増量。いずれも麺の重さは茹でる前を基準にしている。

麺の量を答えたら、次は「ショウガとニンニクは入れますか」と聞かれるので、それぞれ入れるか入れないかを答える。

これで準備完了だ。あとは着丼を待て。